認知症ケア専門士受験者必見!集中力を高める環境を作り出す勉強方法

認知症ケア専門士試験対策

人の集中力とはいったいどのくらいなのでしょう。

一般に、人の集中力は20分が限界だといわれています。

ではその集中力を高め、維持する方法はあるのでしょうか?

今回は勉強に役立つ集中力を高める方法をお伝えします。

 

ルーティンの重要性

集中力を高め、維持する方法とは、ルーティンです。

ルーティンとは「決まった行動や動作を行うこと」です。

スポーツの世界でもトップアスリート達がルーティンを取り入れていることはご存知でしょうか。

例えば、メジャーリーガーのイチロー選手は、打席に入る前に必ずバットを膝に置き屈伸した後、バットをバックスクリーンのほうに立てるというルーティンを行っていたり、同じメジャーリーグでドジャースの前田健太選手は、投球の前に皆さんもおなじみマエケン体操を行います。ラグビーの五郎丸選手のルーティンポーズも有名ですね。

これらの選手は、このほかにも色々なルーティンが自分の中で存在しているといわれています

つまり一流と言われる人たちは、さまざまなルーティンを行うことで、脳が行動の準備を始めることができ、自然と集中力を高めることができているため、最大のパフォーマンスを発揮できているのです

では、このルーティン、試験勉強や本試験の際にも利用できるのではないでしょうか

それにはまず、集中できるルーティンを作ることを理解してみましょう。

 

集中できるルーティンを考える

1.自分の中での締め切りを沢山作りましょう

これは誰にでもあることですが、例えば試験や締め切りまであと数日、明日中にレポート提出、などと期限が決まってからはじめて、必死になって勉強したことがあるでしょう。

締め切りが近くなると、人は集中力が上がります。

締め切りが近くなると集中力があがるのは、ノルアドレナリンという交感神経ホルモンが分泌されるからです。交感神経が優位になると集中力があがります。

ですので、まず試験という大きな締め切り以外に、

『4月までに問題を200問解き終える』

『テキストを3月中に一通り読み終える』

『5月中に苦手個所をまとめたノートを理解する』

など、自分の中で細かい締め切りを決めましょう

そういった自分の中で決めた心の締め切りをまず、正確に知ることが重要です。

自分なりの締め切りが把握できたら、次に自分の力が最も発揮されるのはいつ、どのような状態の時かを知ることが大切です。

 

2.次に自分自身の集中力が上がる行動を見つけましょう

  • 勉強前に必ず温かい飲み物を飲む
  • 勉強前に机の周りを清掃する
  • 朝早く起きて勉強する
  • 暗記物の場合は、部屋の中を歩き回りながら暗記する
  • お気に入りのカフェなどで勉強する
  • 静かな個室で静かに勉強する
  • 音楽を聴きながら勉強する
  • 手書きしながら勉強する

など、自分自身の生活にあてはめながら自分なりのルーティンを考えてみましょう

そして様々な行動を実践していくうちに、『これはものすごく集中できる』、『試験勉強がはかどる』などの体験があれば、そのやり方を再現して、自分自身のルーティンを形成しましょう

 

スキマ時間を使ったルーティンを作ろう

勉強は短時間、スキマ時間にするのが最も効率的で、最もはかどります。

その時間の中で、自分の集中力があがる決まった動作をみつけてみましょう。

これにも、集中できるルーティンを作ることが必要です。

先ほどと重複しますが、勉強の前にコーヒーを飲む、ストレッチをする、外の空気を吸う、部屋を歩き回る、勉強する机の上を整理するなどいろいろあります。

そういう決まった動作や環境が集中力のスイッチをいれることになるのです。

このように集中力が高まる習慣を見つけ、勉強の目標をしっかりと持つことで集中力を継続させることができるのです。

 

まとめ

自分自身のルーティンを形成することで、自分自身の『集中力スイッチ』を入れることができます

そのためには、

  • 自分の中での締め切りを沢山作る

長期間継続していかなければならない試験勉強期間の集中力を切らさないような工夫をする

  • 自分にあったルーティンを形成する

最初は様々な行動を経験し、自分の『集中力スイッチ』を探しましょう

  • ルーティンとスキマ時間を組み合わせる

スキマ時間での学習と、ルーティン、ともに集中力を上げる要素となります

うまく組合すことで最大限の効果を発揮することが期待できます

試験期間は長いようで、意外とあっという間にその日を迎えます

効果的な学習方法を、自分の中で見つけて実践していきましょう

当社で紹介する様々な勉強テクニックは、呼吸療法認定士だけでなく、認知症ケア専門士や透析技術認定士、糖尿病療養指導士などあらゆる資格試験で実践できますので、是非参考にしてください

また、皆様の行ったルーティン活用術や、効果的な勉強方法などがありましたら、下記のメッセージ欄に記載してください。皆さんでよい勉強方法を共有出来たらなと思っております

 

認知症ケア専門士eラーニング講座

↑    ↑    ↑

認知症ケア専門士eラーニング講座

当社のサービスのeラーニング講座です

スキマ時間に無理なく、確実に知識を身につけて頂ける教材です

是非一度お試しください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017-9-11

アステッキ教材の6つのこだわり

2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る