認知症ケア指導管理士とは?

認知症ケア指導管理士とは、認知症についての専門的な知識を有する専門家です。病院や介護施設などで働く方々にとっては、コメディカルのスキルアップをはかるためにとても役立ちます。
認知症に関する認定資格の中では比較的新しく、これから普及されていくものといえますが、最近では一般の方も認知症になったご家族を自宅で介護するための知識を深めることを目的として資格取得を目指されるケースも増えてきました。
資格は2年ごとの更新制で、試験には初級と上級があります(上級試験については、初級取得後1年以上を経過した人が受験対象となります)。
資格認定の目的は医療や介護の現場で働くスタッフの認知症に対する理解や専門性や質を向上させることで、資格を取得することによって(有資格者は)介護老人福祉施設や認知症グループホーム施設など、活躍できるフィールドが広がります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る