透析技術認定士 情報提供のご協力について

いつもご利用いただきまして誠にありがとうございます。

いよいよ11月1日に透析技術認定士の試験が実施されます。

つきましては問題集をご購入いただいたお客様に当社よりお願いがございます。
今後の発展のために、ご協力いただけるなら、試験を受験後、出題された問題情報(五問以上の問題、またはその五問の出題されたページ箇所)のご提供を問題集ご購入の方にお願いしております。
ご協力いただける方にはキャッシュバックをいたしますので、まずは当案件にご協力していただけるかをメール【support@astick0115.com】でご応募ください。ご協力お願いします。(なお、先着順でございますのでご提供人数定員(40名)枠が終了しだい締め切りとさせていただきますことをご了承ください)

情報提供の詳細なのですが、 試験を受験後、出題された問題情報(必須事項:五問以上の問題、またはその五問の出題されたページ箇所のご提供)をメールに直接記載、又はワードなどで作成したデータをメールに添付していただく形でのご提供をお願いしております。
ご提供していただいたデータをこちらのほうで審査し、問題ないようでしたらお客様へ謝礼キャッシュバックさせていただきます。
基本的には1問200円となっておりますが、問題の提供内容によっても前後します。(先着順にて提供を受け付けております。問題提供内容が重複している場合、提供内容が明らかに不足している場合など、審査によっては提供いただいてもキャッシュバックを受けられない場合がございます。)
※5問以上ご提供にてキャッシュバック適応となります。(200円×5問=1000円。最大2000円)

提供例)
ヒューマンエラーにおける産業構造的因子における事故について正しいものはどれか
(ハンドブック69P)
a. 体外循環治療である。
b. 技術が成熟している。
c. 多数の患者が同時に治療される。
d. 異なった治療や処置が並行して行われる。
e. 複数の職種が関与する。
このような問題が出題されていました

体外循環回路の血液漏れの好発部位はどこか?
1. 薬液注入ライン(薬液調整ライン)
2. ヘパリンライン
3. A側留置針と回路接続
4. 血液回路より上流
5. ダイアライザ接続部
A 1,2,3、 B 1,2,5  C 2,3,4 D 1,4,5 E 3,4,5
が出題。

なお、こちらは任意での募集でございます。
また、既にご応募いただいている方は受付済ですので、ご連絡は不要です。

情報提供及びお問い合わせにつきましては下記メール宛にお願いいたします。
E-Mail: support@astick0115.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る