認知症ケア専門士とは?

認知症ケア専門士とは、認知症ケアに関する専門資格です。認知症のケアに関する知識と技術および倫理観をすべて兼ね備えていることが求められる認知症ケアのスペシャリストです。
試験については毎年、1次試験(筆記試験)が7月に、2次試験(在宅論述試験)が8月頃に、最終面接試験が12月頃に各会場で開催されます。
試験内容はボリュームがありますので、かなりの勉強量が必要になりますが、それだけに身につく知識量も多くなり、実務にとても役立ちます。
超高齢化社会を迎えるにあたり、これからますます重要になる資格で、その知名度も医療系・介護系業界で高く、雇用選考の際には大きな評価対象になります。「もっと認知症の勉強したい」、「就職の選択肢を広げたい」、「チームディスカッションに幅をもたせたい」などと考えておられる方にとっては、大変お薦めの資格です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る