ケアマネージャーとは?

ケアマネージャーとは、介護に関する専門資格です。保健・医療・福祉の知識すべてを兼ね備えていることが求められるので、有資格者はまさに介護系のスペシャリストとして評価されます。
主な仕事内容は、医療と福祉の両面についての多様多種なサービスを理解している介護保険制度のプロフェッショナルとして、介護支援を必要としている人それぞれに最適な総合的コーディネイトおよびマネージメントを行うことで、具体的には「課題分析(アセスメント)」、「ケアプランの作成」、「介護施設や専門業者との調整役」、「ケアプランの実施状況の把握(モニタリング)」などを担います。
主な活躍の場は、地域包括支援センター、特別養護老人ホーム、介護保健施設など。つまり、ケアマネージャーの資格は介護系のキャリアアップとして非常に価値がある資格といえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る