呼吸療法認定士とは?

呼吸療法認定士とは、呼吸の解剖や生理、呼吸器疾患、人工呼吸器、呼吸リハビリテーション、在宅呼吸療法など、急性期から慢性期までをカバーする幅広い知識と視野を持ち合わせたスペシャリストです。受験資格を有するのは、臨床工学技士、看護師、理学療法士、作業療法士で、呼吸療法を習得した各職種が呼吸管理チームを構成することによって質の高い医療を提供することを目的としています。キャリアアップがはかれることはもちろん、雇用選考の際には評価対象のひとつになります。また、学んだ知識は臨床の現場で実際におおいに役立つので、「これからもっと呼吸療法を勉強したい」「呼吸チームを作りたい」「ドクターと対等にディスカッションしたい」などと考えておられる方にとっては、大変お薦めの資格です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る