認知症コミュニケーションのコツ

【日本ホスピス・在宅ケア研究会】
認知症コミュニケーションのコツの講義を聴きました。
ユマニチュードは、「認知症のひとのNOをYESにかえるコミュニケーションスキル」であり、認知症に関わらず、がん終末期や自分の家族など、幅広く使えるコミュニケーションスキルです。
その3原則は、

  1. 見ること
    目を合わすのではなく、目線をあわす。お互いまっすぐ視線をやったときに目が合うように。アイコンタクトと笑顔がカギ。
  2. 話しかける
    反応がなくても、無言での関わりはしない。ケアの随所に、ありがとう、を伝える。
  3. 触れる
    スキンシップは大切。握手はとても有効。

認知症の人とのコミュニケーションは、デートと似てるというお話に、なるほどと思いました。
出会って、目を合わせて笑顔で挨拶をする→会話を楽しみながら、なにをするか話し合い同意を得る→ありがとう、楽しかった、また会おうと約束して終了する
この流れが、デートと同じだと。
わたしは、認知症ケアは、子育てにも、通じるものがあると思います。
まだ自分の意思をうまく伝えられない子供に、なぜ泣くの?なにがイヤなの?とその理由を探っていく過程と、笑顔・スキンシップ・目を合わすこと、で安心できる関係が築けるところが、似ているなと思います。

認知症コミュニケーション ユマニチュード

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る