慢性腎臓病の療養指導にも、多職種連携を

国内に推定1330万人の患者がいる慢性腎臓病(CKD)。腎臓の働きが徐々に悪くなり、進行すれば、透析や腎移植が必要になる。進行度はステージ5まであり、日本腎臓学会は、進行度にあわせた指導が重要として、あらたなマニュアルを作成した。
日本腎臓学会の専門医は約4800人。透析看護認定看護師は237人とさらに少ない。
CKDとは、長いつきあいが必要になり、生活改善がとても重要になる。
そのため、多職種が連携した治療やケアが必要である。
しかし、まだまだ、腎臓病の療養指導ができる医療者は少ない。
そのため、日本腎臓学会、および、日本腎臓リハビリテーション学会は、あらたな資格の認定を始めている。
どの分野でも、これからは、多職種連携により、
・互いの職種の役割を理解すること
・それぞれの専門職の強みを生かしてケアをすること
が大切になってくる。
参考:朝日新聞2018年4月18日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017-9-11

アステッキ公式サイトがOPEN

2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る