認知症ケア オススメBOOK (2)

認知症は、進行性の病であり、
徐々に「いつも見知らぬ場所にいて、見知らぬ人に囲まれ、
見知らぬものに囲まれている」状況になっていく。
この先、自分がどんな自分になっていくのかわからない、不安と恐怖。
「認知症になれば、何も分からなくなるからかえって本人は幸せかもね」と考える人もいまだに多い。
【認知症を生きる人がみている世界はどんなだろう。どんなことを思い、どんな不自由を感じているのだろう。本当に必要なケアってなんだろう】
認知症の方と向き合う姿勢がわかる一冊です。

認知症のオススメ本「私は誰になっていくの?」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017-9-11

アステッキ教材の6つのこだわり

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る