せん妄対策ってなに?!

緩和医療学会で、せん妄対策のシンポジウムを聴いてきました。シンポジウムでの先生方の講演から一部ご紹介。

①せん妄はまず、ハイリスクチェックから!

70歳以上、認知症、頭部疾患の既往、せん妄の既往など。あてはまる項目げあれば、ハイリスク!夜間のせん妄をみこして、事前に指示をもらっておく。

②ベンゾジアゼピンの単独使用はだめ!

さらにせん妄を引き起こす可能性大!

③夜間はしっかり寝る、が基本!

夜間は、催眠作用のある薬剤も使ってしっかり眠れるように。昼夜逆転は、せん妄の増強因子となる。どの薬がどんな薬効があるのか把握しておく。頓服もきちんと使用して、夜間は眠れるように。

④家族の対応が、せん妄に影響をあたえる。

家族にもせん妄について説明し、付き添い方を指導する。パンフレットなどを用いた方が◯

⑤非薬物療法も取り入れたケアを!

  • 見当識への働きかけ(日時や時間がわかるような環境、声かけなど)
  • 視覚、聴覚の補助(みえない!きこえない!は混乱をひきおこす。まずは、コミュニケーションを通して確認)
  • 睡眠覚醒サイクルの維持(マッサージ、静かな環境など眠れるケア。起きたら、温かい飲み物を飲む、日の光をとりいれるなど、覚醒促しケア。)
  • 補液 脱水や電解質異常は、せん妄の要因となる。

臨床では、ケア提供者の関わり方によって、せん妄を助長させている場面もありました。反対に、せん妄にうまく付き合い、安心できる環境を整えることで、増悪せず過ごせることもありました。
せん妄の方にたいして、赤ちゃん言葉や命令口調で話しかけることも、不安や怒りから、せん妄を増強させます。
せん妄.jp】で検索すると、せん妄について、とても学びになる情報がかいてあります。現場の人が使えるケアガイドや、家族への説明パンフレットもダウンロードできます。
イラストも、【せん妄.jp】より、引用させていただきました。
会場は、溢れるほどの人、人。それほど、みんな、
せん妄対策に悩んでいるんですよね。せん妄、って申し送りできくと、心がザワザワしますよね。今夜も…どこかで…。

せん妄.jp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る