【高齢者における血液透析と腹膜透析の利点・欠点】

末期腎不全に陥ると、腎代替療法(透析療法または腎移植)のいずれかを行う必要が生じますが、大半の方は透析療法を受けています。
透析療法には、血液透析と腹膜透析があります。
近年は、高齢者も、透析を始められる方が多くなっています。中には、認知症の方や独居の方も多くなっています。
その人の理解度、認知度、日常生活自立度、生活リズム、介護のマンパワー、病気や治療への思い、死生観や人生観など、さまざまな視点からその人を捉え、かつ、各治療の利点・欠点を把握した上で、治療方法を選択する意思決定をサポートしていくことが大切です。

高齢者における血液透析と腹膜透析の利点・欠点

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る