対人援助職の倫理4原則

【生命倫理】【医療倫理】

この分野は、この2年間、呼吸療法認定士の試験で出題されています。認知症ケア専門士、透析技術認定士など、他資格のテキストにも盛り込まれており、考え方は同じです。
倫理4原則を理解するだけでは、目の前の患者にとっての最善なことや、目指すべき目標は見えてきません。
倫理4原則を理解したうえで、その人の生きてきた過程や価値観、意志、家族の意志、病状、経過や予後の予測、それぞれの治療のメリットとデメリット、苦痛の有無、それらを統合して多角的な視点から、方向性を決めていく必要があります。
多角的な視点をもつために、自分自身が共感するココロと、想像力、感性を、人として磨いていかなければいけませんね。

呼吸療法総論

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る