認知症ケア オススメBOOK (1)

認知症ケアを提供するひとは、いつも、自分の中にある『これでいいのかな?』『何を優先して考えればいいのだろうか?』とゆうジレンマと向き合っています。
倫理について学び、自分の中の倫理的ジレンマに気づくこと、それを組織で話し合いジレンマを解消するための方向性を導き出すこと、その努力を続けなければなりません。
でも、その努力こそが、認知症ケアの真髄でもあり、やりがいでもあると思います。
認知症ケアを通して、自分自身も成長し、生きていく糧になる。
そんな、認知症ケアを目指していきたいですね。
認知症ケア専門士の公式テキストの発行をしているワールドプランニングの【認知症ケアの倫理】
手元に持っておくと、ケアの振り返りの道しるべとなります。

認知症ケアの倫理

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017-9-11

アステッキ教材の6つのこだわり

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る