【終末期ケア専門士 受験体験記】受験申し込みにいたるまで

みなさまこんにちは!
今年度よりアステッキNEWSの新企画として
終末期ケア専門士試験を受験予定の
当社のお客様に受験体験記と称しまして
受験の申し込みから試験合格までの
実体験を定期連載としてお届けします。
第1回目は『終末期ケア専門士の受験申し込みまでの流れ』
実体験を紹介します。

受験生様の生の声をお届けいたしますので、是非ご覧ください。

まず、自己紹介!(^^)!

僕は40代独身男性。
“僕”って歳ではないけど
私とか自分ってキャラではないので
一人称はこのままで😂
職業看護師。

社会人デビュー後に看護師資格を取り、
キャリアは12年程度。

この春総合病院を退職し
現在は訪問看護という未知の分野にチャレンジ中。

病院で働いていた頃は、
日々慌ただしく目の前の患者様に
寄り添うだけで精一杯でした。

とにかく時間に追われ、
自分のケアは後回しの毎日。

このままでは何のために生きているのか分からないと
遅めの反抗期を迎え退職。その時、偶然というか必然というか、
今の仕事と出会い✨
大変ながらも充実した毎日を送ってます❕

 

初めての専門士資格チャレンジ‼︎

僕の所属する訪問看護ステーションは、終末期ケアを中心に
急性期から慢性期まで幅広く対応しているステーションです。

以前より時間にもゆとりが生まれ、
いろんなことを考える余裕も出てきました。

病棟勤務の頃は本人と家族の思いを引き出し
できるだけ理想に近づくよう在宅看護までの
コーディネートをするのが役目でした。

でも、これからは在宅で看取りを望む方や
その家族をサポートする立場になるんだと。

そんな時出会ったのが

日本終末期ケア協会(JTCA)の終末期ケア専門士‼

看取ることにおいて本人やご家族への看護の役割は
病院でも在宅でも根本は同じ。

ただアプローチの方法は違うことはふわっと分かる。

これまでの知識と経験を活かしつつ
アップデートも必要と思い専門士への道にチャレンジします‼︎

 

資格申し込みについて!!

申し込みはHPからできるので簡単でした🎵

その後、受験申込書が届き、実務経験2年以上
(実務経験の年数は各職種によって違います)
あれば受験資格があるということで
早速実務経験証明書を手配。

実務経験証明書は、
JTCAの規定のものが受験申請書類といっしょに届きました。

記載してもらう施設が遠方だったため郵送にて依頼しました。

受験する人で記載してもらう施設が遠い人は
早め早めに依頼したほうがいいかも。

肝心の教材はテキスト1冊のみ!

もともと本を読むのは苦手で、
1冊とはいえハードルは高い😵
と思っていたら、
eラーニング(受験対策WEB講習会)と
ワーク&予想問題集のアプリでも勉強ができるので
早速スマホで登録📲

これから、テキストとスマホを使って
終末期ケア専門士合格を目指してがんばります‼︎

仕事と勉強との時間を調整しながら、
どうやってテキストとスマホを活用していくか
ありのままの僕を報告していきたいと思います!

 

 

【終末期ケア専門士】

教材はコチラよりご購入いただけます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る