呼吸療法認定士に合格するために、スキマ時間を使った勉強方法

呼吸療法認定士スキマ時間勉強方法

呼吸療法認定士などの資格試験の試験内容は、専門性が高く、医療系資格試験の中でも難易度が高い試験の1つに分類されています

また、500ページを超える莫大な公式テキストが試験範囲なので、受験者全員が苦戦します

ですので、試験勉強には通常、多くの時間が必要です。

試験勉強のポイントは『長い時間』ではなく、『多くの時間』をいうところです

そのため、対策も立てず、ただ、だらだらと長く勉強するのではなく、自分自身で【集中する時間】を決めて、多くの時間を勉強に費やせるよう、効率よくおこなうことが必要なのです。

 

たとえば、通勤中にスマートフォンでネットを眺めていたり、SNSのチェックをしたり

移動中や、待ち時間にぼーっと休憩をしたり、音楽を聴いたりしている人も多くみかけます。

そういった「スキマ時間」を意識し、試験勉強期間はその時間を有効的に使うことが目標達成のための必要な時間術なのです。

日頃、どんなに忙しい人にも必ずスキマ時間は存在します。

なぜなら業務や日々の生活を過ごすうえで、継ぎ目をなくすことは不可能だからです。

今回はこんなスキマ時間を使った勉強法をお教えします。

 

スキマ時間を有効に使うための事前準備

スキマ時間を有効に使うにはまず、事前準備することが必要です。

事前準備とは、問題集やテキスト、手軽にスマートフォンなどで学習できるeラーニングなど、学習に必要な教材や資料などを用意するところから始めます。

また、前回認知症ケア専門士の試験対策術でもご紹介したトリアージテクニックを使い、苦手なところを把握することも必要です。

次に、

事前準備した本や教材などを持ち歩いたり、

いつでもeラーニングを視聴できる環境を整えます

 

スキマ時間が見えてくるタイムラインの作成

次に

今までなんとなく過ごしていた1日のタイムサイクルを、自分の中で洗い出し、自分の生活におけるタイムラインを作成します。

こうすることで、自分自身の時間を把握でき、スキマ時間が自然と見えてきます。

お客様の声を例に挙げると

  • 朝ご飯を食べながら、新聞の代わりに教材を見る
  • 車での通勤中にeラーニングの音声だけ聞く
  • 電車の中で問題を数問解く
  • 勤務の休憩時間のうち10分間だけ試験勉強に充てる
  • お風呂につかりながら、音声をBluetoothで飛ばして聞く
  • いつもより少し早く出勤して、勉強する時間を作る

など、自身にあったスキマ時間を見つけて勉強しているようです。

ポイントは、少しの時間でもスキマ時間を見つけて、タイムラインを作成することです。

このスキマ時間というのは、たとえ5分、10分の時間でも、積み重ねると1日1時間~2時間以上になると言われています。

試験勉強期間中に、この貴重な時間を有意義に過ごす手はないですよね。

後は、自身で作成したタイムラインに合わせて日々のノルマを設定し、実践していくだけです。

最初は慣れないかもしれませんが、自身の作成したタイムラインが慣れるまでは、意識して生活しましょう

続けていくうちにその生活が自分のルーティーンとなっていきます

また、やっていくうちに、余裕が出てきた、または、ちょっと無理のあるタイムライン設定だなと感じる場合は、無理せずタイムラインの見直しも行いましょう

 

また、日々の忙しい仕事の中で、週末に勉強の予定をたてている人も多いことでしょう。

しかし、週末集中型の勉強は実は効率が良くないのです。

週末集中型は、試験勉強のポイントの『多くの』時間ではなく、『長い時間』の部類に入るので、集中力が続かず、途中でネットサーフィンをしたり、平日の疲れから眠ってしまうことも多いでしょう。

結果、勉強もままならず、『多くの』時間を確保できない場合があります。

こうしたことから、毎日少しずつ勉強した方が集中力も続きますし、記憶の定着も良いことも証明されています。

スキマ時間が少しでもできたら、カフェなどで勉強をしてみましょう。こうした限られた時間に集中力を高めることで、勉強や仕事の効率を最大に発揮できるようになります。

当社ではスキマ時間を上手く利用することができる呼吸療法認定士eラーニング教材を販売しています。

内容を1レッスンあたり10分前後に構成しておりますので集中力を切らすことなく学習できます。

また、通勤中や休憩時間などスキマ時間を利用して効率よく学習でき、インターネット環境があればいつでもどこでも学ぶことができます。

まさに、スキマ時間学習にぴったりの教材となっています

 

まとめ

スキマ時間の時間術を理解していただけたでしょうか。

少しの時間を有効に使い、日々の生活にとりいれることによって勉強への効率があがるのです。あとは実践するのみです。

下記に箇条書きにまとめてみました。

 

・教材の事前準備をする

・自分の生活におけるタイムラインを作成し、スキマ時間を確保する

・タイムラインにノルマをはめ込み、毎日少しずつ続ける

このように、何よりも毎日勉強を継続できたことの強みがあなたの自信となり、試験の合格へとつながるでしょう。

 

今回のような、当社で紹介する様々な勉強テクニックは、呼吸療法認定士だけでなく、認知症ケア専門士や透析技術認定士、糖尿病療養指導士などあらゆる資格試験で実践できますので、是非参考にしてください

また、皆様の行ったスキマ時間活用術や、効果的な勉強方法などがありましたら、下記のメッセージ欄に記載してください。皆さんでよい勉強法を共有出来たらなと思っております

 

呼吸療法認定士eラーニング

↑    ↑    ↑

呼吸療法認定士eラーニング講座

当社のサービスのeラーニング講座です

スキマ時間に無理なく、確実に知識を身につけて頂ける教材です

是非一度お試しください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る