認知症ケア専門士になるために必要な試験情報①(受験資格と受験概要)

認知症ケア専門士受験資格と試験概要

今週は比較的暖かい日が続きましたが、まだまだ寒い日が続きますね。

さて、今回は認知症ケア専門士になるための流れと、基本的な情報についてお話しします

現在すでに、第13回認知症ケア専門士の1次・2次試験の概要が発表されていますね

認知症ケア専門士は、一般社団法人日本認知症ケア学会(以下、学会)が主催する民間資格です

認知症ケア専門士になろうと決意したその日から、調べておかなくてはならないいくつかの項目があります

項目を大きく分けると

  1. 認知症ケア専門士の受験資格
  2. 試験の概要
  3. 試験の難易度と合格率
  4. 学習方法
  5. 合格後の更新制度について

になります

それではそれぞれについて順に見ていきましょう

 

認知症ケア専門士の受験資格

まずはご自身が本試験を受験を出来る資格があるかどうか確認しなければなりません

この試験の受験資格、実は意外とハードルは高くないです

学会による受験資格要項では
「認知症ケアに関する施設、団体、機関等において、過去10年間の間に3年以上の認知症ケアの実務経験を有する者」となっています
ここで出てくる施設、団体、機関は、認知症専門の施設や病院でなくてものいいです。過去10年間の間に3年以上の認知症ケアの実務経験があるかどうかが問われます。
つまり仕事上で認知症ケアに携わっていれば誰でも受験が可能ということです。
また、呼吸療法認定士やケアマネージャーは国家資格等の所持の有無が必要ですが、認知症ケア専門士は国家資格等の所持条件がないのです

実務経験歴を事業所から証明してもらえれば誰でも受験可能となっています

1つ注意点を挙げると、ボランティア活動や実習等を,認知症ケアの実務経験とすることができませんので注意してください

上記のことを参考に、ご自身の受験資格をよく確認しておいてください

 

認知症ケア専門士の試験概要の理解

続いては、認知症ケア専門士の試験概要についてです

試験構成と日程

本試験は1次試験と2次試験で構成されています

1次試験は、毎年7月上旬ごろの開催となっています

ちなみに本年度(2018年)の開催日は2018年7月8日となっています

認知症ケア専門士1次試験最大の特徴は、4分野制となっていて、各分野に合格が定められているところです

例えば4分野中、認知症ケアの基礎と 認知症ケアの実際Ⅰ:総論の2分野は合格したが、認知症ケアの実際Ⅱ:各論、認知症ケアにおける社会資源の2分野が不合格だった場合に、翌年再受験する際は、認知症ケアの実際Ⅱ:各論と認知症ケアにおける社会資源の2分野のみ受験し合格すれば、1次試験突破となります。

ですので受験の際は、現在の自身の合否状況とその有効期限(各分野の合格の有効期限は5年間)を確認し,必要な分野の受験申請を行ってください

この1次試験を突破すると2次試験に進むことができます

2次試験は論述と面接があります

論述は8月中頃から9月中頃までの間に指定されたお題の論述を書き提出します

ちなみに本年度(2018年)の提出期間は、2018年8月20日(月)~9月20日(木)となっていますので、 この期間までに論述用紙と2次試験受験申請書類と併せて提出してください.

面接は毎年11月末か12月初めに実施されます

ちなみに本年度(2018年)の開催日は2018年12月2日となっています

試験分野と時間

時間は9時30分から16時10分まであり、試験の日は、1日がかりとなります

試験の分野は、認知症ケアの基礎、認知症ケアの実際Ⅰ:総論、認知症ケアの実際Ⅱ:各論、認知症ケアにおける社会資源の4分野あり

各分野、制限時間1時間の試験があります

(1) 認知症ケアの基礎:9時30分~10時30分

(2) 認知症ケアの実際Ⅰ:総論 11時10分~12時10分

(3) 認知症ケアの実際Ⅱ:各論 13時30分~14時30分

(4) 認知症ケアにおける社会資源:15時10分~16時10分

試験会場

試験会場1次試験2次試験とも、札幌、仙台、東京、名古屋、京都、小倉の5会場で実施されます。他の医療資格と比べても比較的受験しやすいようにしてくれています。

注意点として、希望者が多数いる地域などでは、希望の試験会場で受験できない場合がありますので、早めの申し込みが得策かもしれません

また希望受験会場の記載がない場合は、主催側が試験会場を決定するため、出願時には忘れずに希望受験会場を記載しましょう

受験料

1次試験受験料

1次試験受験料は各分野あたり3000円です

4分野すべて受験する場合は

3000円×4分野=12000円です

2次試験受験料

2次試験受験料は8000円です

出題範囲と問題数

1次試験の出題範囲は、認知症ケア標準テキストに準じた内容が出題されます

問題数は各分野50問ずつ出題されます(4分野合計200分野)

2次試験はの内容は

論述:認定委員会から出される事例問題について論文を書きます

面接:6人を1グループとした面接を行います。面接の内容は当日に発表されます。
面接時間は、個々の1分間スピーチとグループディスカッションを20分間行います

合格条件

合格の条件は

1次試験は各分野70%以上正解すると合格となります。

1次試験突破条件は4分野の合格です

2次試験の合格基準は曖昧ですが論述・面接の総合評価により下記の5つの要件を満たした人が合格となります

①適切なアセスメントの視点を有している者

②認知症を理解している者

③適切な介護計画を立てられる者

④制度および社会資源を理解している者

⑤認知症の人の倫理的課題を理解している者

 

試験の申し込みと申請方法

申し込み期間は

1次試験は毎年3月前半〜4月前半の1ヶ月の間に申請します(2018年は3月9日~4月10日)

申請書類は

  • 受認知症ケア専門士認定試験受験申請書(受験の手引きに同封している)
  • 認知症ケア実務経験証明書
  • 作成した申請書のコピー(各2部)

上記のものを所定の封筒にて上記の期限内までに提出します。(簡易書留で提出してください)

2次試験は、下記のような流れとなります

  1. 1次試験合格後に、論述問題(事例)送付希望届を簡易書留にて「認定委員会」係に提出期間内に提出し,論述問題・論述用紙を取り寄せます
    (2018年度提出期間:2018年7月2日~7月31日)
  2. 8月中旬頃(本年度は 2018年8月17日〜)に論述問題・論述用紙が本部より届きます
  3. 届いた論述用紙に、指定されたお題の論述を書き、8月中頃から9月中頃までの間に、論述用紙と2次試験受験申請書類と併せて提出します
    (2018年度:8月20日~9月20日)
  4. 10月中旬ごろに面接の受験票が届きます

ここまでが認知症ケア専門士の受験資格と受験概要となります

次回は、試験の難易度や合格率、学習方法などをお話ししたいと思います

認知症ケア専門士eラーニング講座

↑    ↑    ↑

認知症ケア専門士eラーニング講座

当社のサービスのeラーニング講座です

スキマ時間に無理なく、確実に知識を身につけて頂ける教材です

是非一度お試しください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アステッキについて

私たちアステッキのミッションは「医療従事者様が、患者様へ、安心安全な医療サービスを提供するための『正確・確実』な知識の提供」で、医療系資格教材開発に特化した総合サービスを展開しています。医療業界で働く皆様は、日々の忙しさに追われているので、キャリアアップに挑戦する時間は限られています。ですから、私たちは皆様が少しでも効率よくキャリアアップできるようなシステムづくりを目指し、サービスをご提供しています。

ページ上部へ戻る